スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援よろしくお願い致します
糖鎖ショップブログは人気ブログランキングに参加しております!

うつ病の方から糖鎖ショップ健康相談へご相談

今回は国内で100万人とも言われ、なかなか治療の難しいうつ病についての質問です。

ご相談
昨年8月中頃に精神科にてうつ病と診断され、すぐに病院でSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を中心に治療を受けていますが、一向に改善せず時に悪化することもあり、どうしたらいいか判らず不安です。

ご回答(糖鎖サプリメントの回答はダイナトーサを前提にしております)
現在、うつ病の原因は本人の気分(心理)とそのような気分にさせる社会のせいであり、一方ご質問のように治療効果がなかなか出ないのは精神科医の不勉強あるいは能力不足と多くの人は考えているようです。

しかし、うつ病の治療を困難にしているのは必ずしも精神科医のせいではなく、実はうつ病の根本原因がまだ解明されていないからです。

うつ病患者の脳の状態は通常(1)「脳機能変化」つまり神経細胞の活動の変化とそれに伴う脳出血の変化、あるいは(2)「神経伝達物質のアンバランス」と説明されています。
ところが、脳血流の変化は他の疾患でも発生し、更に脳血流の変化はうつ病になった結果生じた事で原因ではありません。

一方、「神経伝達物質のアンバランス」ではセロトニンなどの不足でうつ病になるとされています。しかし、例えばSSRIを服用するとセロトニンは1時間後には増加するはずですが、何ら改善せず、改善し始めたのは1~2週間後で事はそう簡単ではありません。

以上より、うつ病の根本原因は不明ですが、一部のうつ病の原因は神経細胞の樹状突起の萎縮や神経細胞の減少ではないかという事まで判明しています。全容が解明されるまでには基礎研究(動物)だけでなく臨床試験(人)が必要ですので、まだまだ相当な時間が必要と思われます。そこで、一つの方法として神経細胞の糖鎖の役割に注目し、糖鎖栄養素の摂取をおすすめしました。

スタッフから一言
糖鎖ショップにはうつ病の方からの問い合わせも週に数件ございます。リピータの方も多く糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」を、ご愛顧されている方も少なくない様です。


関連記事(糖鎖ショップ関連のブログ、糖鎖ショップより)
 糖鎖早わかり(糖鎖ショップ)
 うつ病の息子に糖鎖サプリメントを試してみたい
 抗うつ薬と糖鎖サプリメントの併用について
 うつ病の原因物質と糖鎖及び治療薬(糖鎖ブログ)
 抗うつ薬は偶然発見された!

糖鎖ショップブログの人気記事
 糖鎖サプリメントは沢山摂取すれば効果は高いのか?
 糖鎖サプリメント比較選択で大事な単糖抽出とは?
 不妊症の方が糖鎖サプリメントの効果を判断するのに必要な期間


応援よろしくお願い致します
糖鎖ショップブログは人気ブログランキングに参加しております!

テーマ : 健康&美容とくとく情報 - ジャンル : 心と身体

タグ : 糖鎖 糖鎖栄養素 うつ病

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。